2008年7月14日(月)

なすの利久煮

ごまの香りが素材のおいしさを引き出す

  • 印刷
  • Twitter
  • Facebook

主な食材

ジャンル

  • 1人前あたり
  • ・エネルギー:116kcal
  • ・塩 分:1.4g

印刷する

材料(4人分)

なす8個(650g)
 だし汁1+1/2カップ
 しょうゆ大さじ2
 酒大さじ2
 みりん大さじ2
 砂糖小さじ2
すり白ごま大さじ4
●片栗粉

作り方

1
なすはヘタを切り、皮を1cm幅の縞目にむき、水につけてアクを抜く。
2
鍋になすの水気をきって並べ入れ、だし汁と調味料を加えて火にかける。煮立ったら落としぶたをし、中火で10~15分、なすがやわらかくなるまで煮る。
3
片栗粉小さじ2を同量の水で溶き、(2)にまわし入れてとろみをつけ、仕上げにすり白ごまを加えてひと煮する。
もう1品<鶏肉の照り焼き>
■ 材料(4人分)
鶏もも肉・・・2枚(500g)
しし唐辛子・・・10本
酒、しょうゆ、みりん・・・各大さじ3
砂糖・・・小さじ1

■ 作り方
(1)鶏肉は大きめの一口大に切り、フライパンでカリっとするまで焼く。
(2)しし唐も加え、調味料を入れ、汁が煮詰まるまで焼く。
<利久煮の由来>
千利休が‘ごま’を使った料理を好んだことから・・・縁起を重んじる料理名では「休」の字を忌み嫌って「久」の字が当てられているそうです。
アドバイス
  • ・なすは揚げずに直煮にします。味が入りやすいように皮は縞目にむいておきます。
  • ・なすは水に5分つけてアク抜きします。
  • ・なすに竹串がスーッと通るまで煮てから、とろみをつけること。
  • ・水溶き片栗粉は様子をみながら加えます(すりごまを加えるのでゆるめのとろみがよい)。

他の人はこんなレシピも見ています

TOPへ