やってきたのは岡山県岡山市
ゲストの高橋ひとみさんと今日の食材を考えながら歩いていると・・・

  
  
名人を発見!
田中節三さんと甥の哲也さん
地元では「先生」呼ばれる偉大な方です
その理由はのちのちわかるとして・・・

  
  
名人自慢のハウスにやってきました
ここで栽培されていたのは・・・

  
  

  
  
なんと、バナナ!

  
  
南国のフルーツがなぜ冬の岡山に?
その秘密は、節三先生の編み出した画期的な方法にありました!

  
  
その方法とは・・・なんと、一度バナナを凍らせること!
いかに暖かな環境で栽培するか、から、一度凍らせてしまうという
まさに逆転の発想!

  
  
こうして育てた苗は、寒さに強くなるのだと言います
この発明が、節三名人が「先生」と呼ばれる理由なのです

  
  
ところで皆さん、バナナの花というものを見たことがありますか?
こちらがその花です!

  
  
正確には、小さな白いものが花
紫色した全体を「苞(ほう)」といいます
この巨大な苞から、200本ものバナナができるのだそうです

  
  
それでは、おまちかね
バナナの収穫を体験させていただきましょう!

  
  
大きな房を丸ごと切り落とす!
重さは30kgを超えるのだとか!

  
  
これを1本ずつに切り分けていきます

    
   
この時点ではまだ青くて食べられないバナナ
しかし、1週間ほど追熟させると・・・

  
  

  
  
黄色くなっています!
おいしさの印シュガースポットも現れました!

  
  
希少な国産バナナ、その味は・・・
うま〜い!甘くてクリーミー!絶品です!

  
  
そんなバナナを名人は、なんと皮ごと・・・!
名人曰く、バナナは果実はもちろん、皮にも栄養があっておいしいのだそう

  
  

  
  
大輔さんもおそるおそる一口・・・

  
  
意外にイケる!!

  
  
それでは、地元のお母さんたちに絶品バナナレシピを教えていただきましょう!
石合サマンティ・ローシャニーさんはスリランカのご出身
どんな料理を作ってくれるのでしょうか?

  
  
まずは定番!バナナジュース
牛乳とバナナだけで甘くておいし〜くなるんです!

  
  

  
  
うまい!
こっくりまろやか濃厚なお味です

  
  
続いては、バナナが絶品おかずになる!
チキンソテーのバナナソースを作ります

  
  

  
  
完成です!

 
  

甘酸っぱいソースがチキンソテーに合うんです!

  
  

  
  
バナナと言ったらスイーツも!
岡山で人気のパンケーキ店、エルクニューヨークブランチの
寿さんに作っていただきます!
今回は特別に青空レストランオリジナルレシピです!

  
  
インスタ映え抜群☆バナナブリュレのパンケーキ!

  
  
うまい〜!
このおいしさなら、2時間並ぶのもわかります!

  
  
本日の乾杯メニューは、バナナの花を使ったスリランカカレーです!

  
  

  
  

  
  
乾杯!

  

  
  
ご協力いただいた皆さん、ありがとうございました!

  
  
最後にオフショットを・・・
①背中が痒い大輔さん
(猿山のボスみたいですね☆)

  
  
②ホイッパーがなくて急いで届けるAD
(ロケの舞台裏はこんな感じなんですよ)