これまでのDASH島

反射炉本体の築炉作業へ2017/9/24

始まりは、去年の夏。393日前のことだった。
達也「鉄を溶かして作り直そうよ」
日々の開拓で傷んだ鉄の道具を、再び溶かして再生する。
この目的の為、電気もガスもない江戸時代に作られた鉄を溶かす炉、世界遺産・反射炉をDASH島に建設する計画が動き出した。

建設地に選んだのは、島の南側の浜。
広い敷地が確保でき、木々に炎が燃え広がることもない。
しかし、反射炉の総重量は30t以上。
不安定な石の浜では、傾く恐れも。

そこで、まずは地盤の改良から。
浜の砂利を、硬く締まった砂の層まで掘り出し、17畳分の敷地を確保。ここへ、
松岡「次は杭打ち」

古くから、軟弱な地盤の整備に使われてきた杭基礎を。
深いほど固く締まる砂の層に杭を打ち込めば、反射炉の重みにも耐える、強い地盤に。
作業の効率を上げるため、丸太で作った脚立と、60kgの石で作った杭打ち機を使って。

ひたすら打ち込むこと、全部で126本。
最後の1本を打ち終えたのは、今年の5月。
さらに、100年経っても揺るがない地盤にするため、
本勝さん「もういっぺん丸太を引けば、より荷重が掛かっても大丈夫」

築炉士・本勝照雄さんは、築炉一筋60年。
全国に3人しかいない築炉マイスター。
プロの指導の下、杭に掛かる重さを分散する、梯子胴木を。
杭だけでは、重さのかかり方次第で、バラバラに沈む可能性が。
しかし、杭同士を丸太で繋げば力が分散し、不安定に沈むのを防ぐ。

杭126本に番線で固定し、丸太を張り巡らせる。
本勝さん「石と砂を全部戻して、てん圧します」
達也「また砂利戻すんですか!?」
地盤の工事は、まだ半ば。
そこで、スタッフ総出で、一度掘り出した砂利を戻す。

大きめの石の間に、目の細かい砂を入れて、隙間を埋め、基礎をより強く固める。
そして、8人がかりでおよそ半日、地面はできたが、まだ砂が乗っているだけの状態。

そこで、丸太の重さを利用し、地面を押し固める道具・胴突きで叩き、沈んだ分だけ砂が隙間に入り込み、地盤が固まる。
1列叩けば、差は明らかだった。
城島「結構(砂が)沈みますね。硬さが全然違う」

そして、地盤整備、96日目。
日々何度も押し固め、砂はほとんど沈まない。
城島「これで全部、締めたと」
冬に始めた作業がようやく一区切り、ここからレンガ積みへ。

本勝さん「まず一番下に赤レンガを敷く」
耐火レンガは火には強いが水には弱い。
建設予定地は、海に面した浜。
地下から潮が上がれば、海水が侵入し、耐火レンガが湿る恐れが。

その状態で火を入れ、高温になると、耐火レンガの水分が一気に蒸発し、爆発の恐れも。
そこで、最も熱くなる反射炉の中心部分には、赤レンガの基礎を。
赤レンガが水分を吸収し、反射炉本体が湿るのを防ぐ。
しかし、ただ敷けばいいわけではない。

城島「(反射炉の)高さ出るから水平取れてなかったらアウト」
完成すれば高さ16m近くになる反射炉。
基礎が少しでも傾いていればバランスを崩しかねない。そこで、
本勝さん「ミリ単位で水平をとります」

つまり、整備した地盤にレンガを敷いていくのだが、このままでは、人の目では測れないわずかな凹凸で水平がとれない。
そこで、水平な目印をつけ、そこに合わせてレンガを並べる。
レーザーを使えばすぐに水平は出るのだが、無人島にはない。

本勝さん「箱型の水盛箱を使って水平を出す」
江戸時代には使われていた、水平を測る道具・水盛箱。
まずは板で箱形を作り、反射炉の敷地へ。
そこに、水を張って水面が落ち着けば、地球の重力で、水平な面が。

この水平を、糸を使い、一度水盛箱より上にコピーする。
そして、水盛箱をどかし、今度はレンガを置く高さに、水平な線をコピー。
この線に沿ってレンガを置けば、水平に敷ける。

まず、水盛箱の上に水面と並行に糸を張る。
そのために、差し金の端を水面に合わせ、両側同じ高さなるよう糸を張る。これで、水面を基準に水平な糸が張れた。

今度はレンガを置く高さに水平な糸を移動させ、レンガの上っ面を、目安の糸に合わせて並べていく。
叩いて高さを微調整し、低ければ砂でかさ上げ。
これで水平はとれたが、まだ固定されていない。

ここからが、レンガ積み要の作業だった。
達也「モルタル塗るの難しいよ」
レンガ同士をくっ付ける接着剤、モルタル。
材料は、レンガの街・岡山県備前市で頂いていた。
かき集めた古い耐火レンガを、砕いて潰した粉末。

これをDASH島で取れた粘土質の土と混ぜ、水を入れて、粘りを出す。
耳たぶほどの硬さになったら、十分。

モルタルを塗り、レンガを固定する。
塗るときは、真ん中は同じ厚さ、淵の部分は多めに。
というのも、隙間が出来るのは禁物。
押し付ければ、多めに塗ったモルタルが隙間に入り込む。
はみ出した部分は後で削り取ればいい。

棟梁達也も、この仕事は初めて。
素人・松岡ならなおさら上手くできない。
城島に至っては、塗りがまばらに。
これでは水平をとるのに、何度も叩かねばならず、時間がかかる。

そして、レンガ積み2段目。
シビアな水平が求められる基礎、一目で分かる道具を作っていた。
古代エジプト時代から、石積みに使われていた、垂直定規。
長方形の板の中央に目印の直線と糸で吊るした錘が。

これをレンガの側面に当て、傾いていれば、糸と直線がずれ、水平なら一致する。
1段目は水平だが、モルタルの厚みにムラがあれば、
本勝さん「これは(レンガの)左側が高いね」

その角度分だけ左側が高い状態。
そこで、左側を叩いて水平に戻す。
いくつか積んだら、こまめに確認を繰り返し、半日ほどで、
本勝さん「全部で200個くらい積んだ」

達也「これ(完成まで)全部で何個くらいレンガ使うんですか?」
本勝さん「3万個」
途方もない数字だが、もはや頼れるのは自分だけ。
しかし、そんな時、頼もしい男たちが。

DASH島に来て2年、元ボディビルダーのAD佐藤は、杭打ち作業でも、そのパワーをいかんなく発揮。
一方、DASH島歴5年、先輩AD足立は、筋肉に頼り、力任せになりがちな後輩をフォロー。
2人の成長でペースは格段に上がった。

作業の手を休め、夏の恒例行事。
松岡「この時季がやって来ましたよ!」
というのも、毎年、浜に流れ着いたもので、パターゴルフやウェイクボード、スイカ割りと、年に一度の男だけの海遊びを満喫していた。

そして、今年もこの男が口火を切った。
松岡「本当にTOKIOはバック転できんのかと」
バック転とは、ジャニーズアイドルなら出来て当たり前。
体を斜め後ろに浮かせる筋力とバネ。
そこから、体を回転させるには柔軟性が不可欠。

TOKIOも20年前は軽く出来ていたが、平均年齢も40を過ぎると、足腰は弱り、体もガチガチに。
長瀬「5時間ストレッチさせて」
そこまで待ってはいられない。

太一「山口さん出来るんじゃないの?」
20年前は、運動神経抜群だった達也だが、45歳にもなると、とっさの受け身が取れなくなる。
しかも、斜面の浜での着地は体重移動が難しい。

だが、そこはさすが達也。 一発で感覚を思い出し、バック転をやってのける。
太一「でも、やっぱり歳は感じるね」
確かに、20年前と比べると、バック転もどこかもっさり。

ならば、最年少の38歳の長瀬はどうか。
ここ数年は、しっとり歌いあげるパフォーマンスが増えてきたが、
長瀬「うわ、怖いね…!」
そう言いながらも、183cmの長身を生かした、ダイナミックな回転で、無事成功。

続いて、メンバーいち身軽な太一。
だが、ちょっと反っただけで、ポキポキと骨が悲鳴を。
新婚の家族に無駄な心配を掛けたくもない…。
と、踏切る寸前、そんな不安が頭をよぎり、ビビッたのか、半身で逃げて、あえなく失敗。

続いて、この男は、
松岡「前宙やるよ」
10代の頃の代名詞は、手を付かずに前に回転する前宙。
バック転より難しいとされるこの技を得意としていた。
あれから22年、10代の頃のイメージで踏み切ったが、体がついて行かず、お尻で着地。

残るは、46歳の城島だけだが…
松岡「リーダーは危ないからやめとこ」

では、遊ぶ道具探しを再開。
見つけたのは、5mほどある塩ビパイプ。
長瀬「リンボーやってみる?」

トリニダードトバゴ発祥のリンボーダンスは、水平の棒に触れない様に上体を後ろへ反らし、くぐり抜ける。
体の柔軟性と反った状態を支える筋力勝負。

これを高さ1m30㎝で。
まずは、未だ柔軟性を保っている最年少、長瀬。
しかし、高身長がアダとなったか、重心が崩れて、くぐり抜けられず。

続いて、バック転回避で体力に余裕がある最年長、城島。
鬱憤を晴らすように、リズミカルに体を反らすも、
城島「あ、痛ててて…腰痛い」
気持ちで抑え込んでいたものの、腰の痛みには勝てず。
太一「顔で棒を押し上げてたよ」

漂着物探しは、紫色の何かが入ったペットボトルを発見。
長瀬「服?何でペットボトルに入れるの?」
中身を取り出してみると、女性用の下着3点セット。
さらに、ヤバい瓶も流れ着いていた。

中には、松岡が最も恐れる生き物、ヘビが。
考えられるのは、マムシ酒か、ハブ酒。
しかも、まだ酒らしき液体も残っている。
一応、下着3点セットと一緒に持ち出す。

その先にあったのは、ボウリングの球。
しかし、よく見ると、指を入れる穴がない。
長瀬「マイボール作る前のサンプルの状態だよ」
ボウリングのボールは、水に浮く軽い樹脂の中に、アンバランスな形の重りを入れて、重心をずらしている。

重心の上に穴を開け、そこに指を引っ掛けて投げる事で、自然に回転が生まれ、強いカーブを描く。
しかし、穴がなければ、まともに投げられない。
その前に、砂の上では転がらない。

太一「砲丸投げやる?誰が一番遠くに飛ばせるか」
長瀬「島リンピック開催!」
スコットランドの大男たちが、石を投げて力比べをしたのが起源と言われ、現在では、直径11cm重さ7㎏の鉄球の飛距離で争う競技。

世界記録は23m12cm。
これを鉄球より軽いが、投げにくいボウリングの球で。
優勝者には、先ほどの瓶に入った、勝利の美酒。
まずは、DASH島いちの腕っぷし達也。

自慢の上腕二頭筋で放たれた球は、10m!
鉄球だったら、高校生の全国大会レベル。
続いては、右肩が上がらないため、利き腕じゃない左腕で挑戦の城島。
予想通り、達也を抜けるはずもなく、8.5m。

続いては、島一番の細腕、太一。
力仕事はめっぽう弱いが、意外と飛んで11m。
フライング気味ではあったが、達也の記録をわずかに超えた。
そして、馬鹿力に定評のある男、長瀬は、長身を生かした高い位置からの投てきで、13mと圧倒的な記録!

トリは、負けず嫌い、ヘビ嫌いな男、松岡。
優勝賞品はヘビ入りの瓶。
勝っても負けてもいい気はしないが、やるからには勝つ!
長瀬の記録、超せるか!?

すると、記録14mを叩き出し、負けず嫌いのヘビ嫌いが王者に!
では、勝利の美酒を贈呈。
さらに、ゴルフの勝者に送られる、グリーンジャケットの要領で、下着3点セットの一枚、パープルパンツを。

太一「全体のMVP決めたいね」
それなら、全会一致で、松岡。
では、最後は前宙でビシッと夏を締める。
踏み切り台代わりにビート板を置いて、ジャンプ!
…が、やはりお尻着地で、
松岡「また来年!」

一方、反射炉の作業は、基礎のレンガを敷き終え、ようやく世界初の試み、炉の本体へ。
本勝さん「炉の熱が逃げないようにトンネルを作る」

韮山反射炉の下にはアーチ状の空間が。
四角いレンガを積み重ねて、アーチで屋根を作り、空気が入るトンネルを設けている。
それなら棟梁・達也、石やブロックを曲線に積む方法を心得ていた。

アーチを作るときの、一時的な土台・支保工。
島の石橋も、この土台を使って輪石を積んだ。
支保工も、2度目となれば、慣れたもの。
余った板で手際よく作ると、それを基礎の上へ。

そして、ここに並べるレンガを太一と城島が。
刃のような先端でレンガを削る道具・両刃で、下が細くなるよう、両幅を5mm薄く削り落とす。
このわずかな角度の積み重ねが、アーチの曲線を生む。

城島「石橋やっててよかったね」
というのも、石橋の輪石を削った時は、肉叩きのような道具で叩き、1面を削るのにおよそ1時間。
しかし、軽く柔らかなレンガなら、擦るだけで平らに。

これを並べていくのだが、
本勝さん「目地(モルタルは)1.5~2㎜以内の厚さで」
モルタルは乾燥して固まる時、水分が抜け縮む。
厚く塗りすぎると、乾いて縮んだ時に隙間が生まれ、崩れ落ちる可能性が。

これまで以上に難しい仕事。
そこで、強力な助っ人が加わった。
本勝さん「うちの息子」
本勝雅博さんは、父と同じ一級築炉士。

元々は商社の営業マンだったが、20年前、築炉の世界へ飛び込んだ。
太一「何かスポーツやってたんですか?」
雅博さん「野球やってました。甲子園ベスト8で」

ピッチャーだった雅博さん、県大会決勝でリリーフ登板、持ち味のコントロールで甲子園出場を決めた。
ベスト8まで進んだチームのエースが、元メジャーリーガー、長谷川滋利投手だった。

その雅博さんでも5年かかったというモルタル塗り。
プロとTOKIOの塗りの差で、モルタルの厚みにばらつきが生まれ、最後のレンガ1枚が入らない隙間が出来た。
城島「またこんなことになったね…」
2年前のトラウマが思い出される。

石橋、最後の輪石を据えようとしたものの、本来、ぴったりハマるはずだったのだがハマらず、この時はいちからやり直しに。
しかし、レンガのプロはやり直さない。

刃先が尖った、目切りという道具で、縦に半分に割った、はんぺんと呼ばれるレンガをハメて、中途半端な隙間を埋める。
これで1列が完成し、あと20列。

要領がわかったら、島に通えるメンバーが交代で作業を進め、1か月で全21列のアーチが完成。
そして、モルタルが乾くのを待ち、
達也「(支保工)抜けるか、抜けないか」

またも、苦い記憶が甦る。
石橋の支保工を外そうとした時のこと。
引っ張れば、抜けるはずだったのだが、石が噛み合い引き抜けず、叩き壊して、外すしかなかった。

レンガは、石橋の石より遥かに軽く、やわらかい。
強引に引き抜こうものなら、崩れるかもしれない。
支保工は、クサビと角材で持ち上げている。
これを外せば、支保工が落ちて、引き抜けるはずだが。

しかし、クサビを抜いても支保工が落ちない。
達也「モルタルが垂れて固まってる可能性もある」
城島「(レンガと)くっ付いてる場合、ズレて崩れたら怖い」
そこで達也は、支保工を細かく叩き、振動でモルタルを剥がす。
アーチに力を加えぬよう、加減しながら。

すると、わずかに出来た隙間から、松岡が手助け。
松岡「抜けた!石橋の時と同じ感動があるね!」
地盤の整備に、4か月。
アーチ完成まで、3か月を要した。
半年以上かけ、まだ全体の2割ほど。

松岡「これで(レンガ)4000個」
達也「まだあと(完成まで)2万6000個」
しかし、その数日後、まだ、モルタルが乾かぬうちに、DASH島に大型台風が。
激しい風と雨が、容赦なく打ちつけ、数日後、スタッフが確認に行くと、7か月かけて出来上がった
アーチ最後の3列が崩壊。
大きな爪痕を残した。