最新情報

2017年10月22日 - 放送内容』を更新!

放送内容

大都会・新宿のビル屋上・TOKIOのベース基地。
9月になり、その畑で見つけたのは、猫じゃらしと呼ばれる、エノコログサの種。
この畑の土は元々、新宿区荒木町にある、江戸時代に大名屋敷だった池の底から、すくった泥。
つまり、周りから流れ込んだタネが、冷たい泥の中で眠り続け、光を浴びる事で、150年以上ぶりに目覚めた可能性が。
TOKIOが植えた、ほうれん草やカブ以外に江戸時代の種から生えてきたと思われる、いくつかの植物が!
それが秋を迎え、種を落したが、土の上では種が乾燥してしまい、発芽しないのだが。
太一「アリがいた!屋上にアリが巣を作った?」
アリの巣には1匹の女王アリと、無数のメスの働きアリが住んでおり、1年に一度羽を持った新女王アリとオスが産まれ、空中で結婚。
新天地に降り立った新女王アリは、羽を落とし、たった一人で巣をつくり、群れを増やす。
顕微鏡カメラで巣を観察すると、働きアリが種を運んでいた。
太一「食べるの?」
川上さん「そうですよ」
太一「すごいアリが種を運んで、植物が芽生える可能性があるってこと?」
アリは、土を耕すミミズと並んで、地球上の植物を支えている存在。
その種類は1万種以上と言われ、「地球はアリの惑星」と言われるように、地球上の70億人の総体重とほぼ同じ4.2億トン、その数、1京匹ものアリが生息しているという。
エノコログサのように、江戸時代の池の種から芽生えた植物の中には、たった一つ謎の植物が…。それは、突然生えてきた。
ツルを伸ばして成長する性質などからウリ科と推測されるが…。
だが、花が咲き、根元の部分が膨らむと…
太一「なんだこれ!?見たことない」
キュウリのようなトゲもなければ、スイカのような丸みもない。
農業歴16年、これまでに11種類のウリ科を育てたTOKIOにもわからない。
太一「まさか江戸時代の野菜!?」
城島「今の世にない野菜だったらスゴイ」
そう日本には、その地域だけに受け継がれる伝統野菜がある。
大都会新宿もかつては、畑が広がり、今では姿を消したウリ科の江戸野菜が。
この謎のウリがその実だとすれば、150年以上ぶりに復活したということ!
そして、一週間経つと、その実の表面にはキレイな縞模様が。
達也「なんだろう、これ」
実を摘果し、中身を確認してみると…
城島「メロン!?」
見た目はメロンにそっくり。そして、味の方は…
達也「メロンじゃん。実際のメロンと比べるとあっさりしてるけど甘い」
しかし、城島「こういう縦縞模様のメロンがあるのかな?」
全国の伝統野菜を集めた専門書で調べてみると…
達也「これっぽくない?」
縦縞模様の感じ、太さ、中身、そのどれもがそっくり。
そのウリの名前は「マクワウリ」。作っているのは、
達也「真桑村」
現在の岐阜県本巣市旧真桑村で盛んに作られていた名産品。
砂糖があまりなかった時代の貴重なデザートで、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康も愛したと言われる程。
しかし、岐阜のマクワウリの種が、なぜ新宿に?
城島「あそこの池がある大名屋敷の持ち主は美濃高須藩。美濃は昔の岐阜県。
参勤交代で江戸に来ると、当分は江戸の屋敷に住むことになりますよね」
徳川幕府が、地方大名の裏切りを防ぐために作った政策、参勤交代。
全国各地の大名に、江戸にも屋敷を作らせ、1年毎に地元と江戸の往復を義務化。
城島「当時の岐阜の大名が、あの池のある屋敷に持ち込んだってことやな」
当時の大名は、地元から野菜を持ってきて、江戸で栽培。
つまり、TOKIOの畑のマクワウリは、大名屋敷の主である松平摂津守が、参勤交代の際に故郷・岐阜から持ち込み、その種が、池に流れ込み眠り続けていたところを、泥ごとすくった事で、再び太陽の光を浴び、150年以上ぶりに目覚めた可能性が!
達也「これはスゴイことだよ」
しかし、まだ専門書の写真と照らし合わせただけで、マクワウリと断言はできない。
そこで、マクワウリの産地、岐阜県旧真桑村地区へ!
DASH島の反射炉作業にかかりきりのTOKIOに代わって向かったのは、ADの山口太一。
福島DASH村で、TOKIOと共に農業を学び、農業歴は8年。
AD山口「あ、マクワウリって書いてあります!」
だが、産地とは言え、マクワウリについて知る人は、この地区でももはや数少なく。
先生「私たちはもマクワウリを復活させるため栽培している」
かつての名産も、昭和30年代、甘く品種改良されたプリンスメロンの登場で衰退。
今回、AD山口が会いに来たのは、そんな江戸時代の野菜を残そうとする、岐阜県立岐阜農林高等学校とまくわうり栽培研究会の皆さん。
マクワウリが育てられているという学校の畑に案内して頂くと、現地の実が、そこで。
AD山口「めちゃくちゃ似てますよ」
栽培研究会の皆さんに、新宿でできた謎のウリを見て頂くと。
縦縞模様の数が10本あるという特徴が一致していることから、
まくわうり栽培研究会「線が10本ある」
「なら間違いない」
マクワウリである事が判明!
さらに、このマクワウリは、この産地でもわずか3か所の畑でしか栽培されておらず、商品としてはほぼ流通してなく、種が出回ることはないという。
という事は、TOKIOの推測のように、この実を生んだのは、150年以上前に、岐阜の大名が新宿で育てていた種の可能性が極めて高い。
そして、栽培研究会の皆さんが教えてくださった食べ頃は、
AD山口「黄色くなったら、完熟の合図です」
太一「楽しみだ!」
その後、実は10日間かけ、さらに大きく成長。
しかし、そこに大型台風18号が襲来。そこで達也が駆けつけた。
達也「台風対策です」
福島DASH村で学んだ、ワラ縄で実をつり、支える球つりで実を固定。
達也「頼んだぞ!」
その3日後、大型台風18号が関東に最接近。
暴風域が近づくにつれ、雨風はどんどん強くなり、最大風速は22.6メートルにも。
それでも、ワラ網に守られ、無事に台風をやり過ごす事ができた。
そして、その実が完熟を示す黄色に!
その変化は色だけでなく、
太一「近づくと甘い匂いがする!」
さらに、よく見てみると、
太一「ツルがとれてる!これ、大丈夫!?」
AD山口「自然に実が落ちるのも、マクワウリの特徴です」
一般的に、ウリ科の収穫はツルをハサミで切るが、岐阜のマクワウリは完熟すると勝手にツルから落ちる。そのため、別名「落ちウリ」とも呼ばれる。
つまり、マクワウリが完熟し、食べ頃を迎えたという事。
本場岐阜、旧真桑村でも激減し、3つの畑でしか作られていないはずのマクワウリ。
かつては、織田信長を始め、豊臣秀吉、徳川家康にも愛されたというその味が、150年ぶりにここ新宿で!
太一「いただきます!甘~い!すごい!これは信長も好きだと思う」
約150年の時を経て目覚めた、遠く離れた地のかつての名産。
その貴重な5個の実からとれた種は、約1500粒。
太一「来年、いっぱい作ろう」

ページTOPへ ▲