予告動画

イントロダクション

1997年の土曜9時枠で放送された連続ドラマ「ぼくらの勇気~未満都市」
(土曜9時枠・平均視聴率16.8%)から今年で20年が経ちました。
この連続ドラマの主演はもちろんKinKi Kids。当時は18歳。主題歌の「愛されるより 愛したい」もトータルセールス160万枚以上を記録しました。

「ある街に大地震が起きたというニュースが流れる。友人を探しにきた
高校生のヤマト(堂本光一)、同じく高校生のタケル(堂本剛)は、
物々しい警備を潜り抜けフェンスで囲まれた街に潜入した。
そこに広がっていたのは大人が死に絶え子供たちだけになった
無秩序な混乱だった……
ヤマトとタケルは様々な問題や事件を乗り越えながら
仲間とともに暴力に支配された子供だけの街に秩序を取り戻していく」

そして今年はKinKi Kidsのデビュー20周年。これを記念し、奇しくもドラマの最終回で「20年後、またこの場所で会おう」と言って別れた彼らが今夏、
スペシャルドラマでその約束を果たします。
演出は堤幸彦、プロデューサーは櫨山裕子と制作スタッフも20年前と同じ布陣で挑みます。日本テレビが満を持してお送りするスペシャルドラマに、是非ご期待ください。

20年前のあの日、戦いの最後にヤマトは言った。 「俺たちはあんた達みたいな大人にはならない」と。 「そして20年後の今日、 俺たちでまたこの場所に集まろう」と。 今日はその日だ。 ……俺たちはどんな大人になったんだろうか? あの日から20年…… 彼らは約束の日に久しぶりの再会を試みる。来る者来ない者…… 実はそれぞれにみんな内に沸々としたものを抱えていた。 僕達がなりたかったのはこんな自分だったか? ひょっとしたら自分はいつの間にかなるまいと誓った 大人になっているんじゃないか? そんな時、強大な敵が彼らの前に再び現れる。 1997年、幼い勇気だけを武器に 国の陰謀という巨大な敵に立ち向かった僕ら。 2017年、僕らが立ち向かうべき敵は もっともっと手ごわい相手だった。 その敵とは……自分自身? 勇気だけを武器に戦っていたあの頃のように、仲間のために立ち上がる。 気がつけば、20年前、籠城をしたあの日のように――。

KinKi Kids コメント

堂本光一(ヤマト)

当時の放送から20年の月日が流れましたが、
改めて振り返ってみても貴重で濃密な経験をさせて頂いたと感じています。
大人たちに立ち向かっていた自分たちが今は大人になり、逆の視点から感じた真っ直ぐな思いを再びヤマトを通して表現できる楽しみを噛み締めています。
堤監督をはじめ、当時のスタッフと再びご一緒できることに感謝しながら、
成長したヤマトと向き合いたいです。
当時ご覧頂いていた方は勿論ですが、
初めて観る方々にも楽しんでもらいながら思いが伝われば幸いです。

堂本剛(タケル)

20年の時を経て、再びタケルに出会える喜びを感じています。
あの頃の若さゆえの真っ直ぐな正義感、純粋な気持ちを懐かしく思いながらも、
大人になったタケルを生きたいと思います。
多感な時代に出会ったスタッフの皆さんとまたこうして一緒に物作りが出来る
ご縁に感謝をしながら楽しみたいと思います。

プロデューサー コメント

櫨山裕子

色々な偶然と奇跡が重なり、20年後の今年、このようなご縁に恵まれました。
何より不思議なのは、20年前、最終回の台本を作る際、
「再会の時」を10年後ではなく20年後に設定したことです。
当時からこのドラマを想定していたはずもなく、「大人って何歳からか」を考えた結果と記憶しています。
KinKi Kidsのお二人が、今年デビュー20周年。当時考えていた「大人」の年齢になりました。
18歳の若者が20年の時を経て、どんな大人になったのかを、今作ではあの世界観そのままにエンタメ感満載で描きたいと思います。